PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

うれし涙と悔し涙と感動の涙

高橋大輔選手やりましたね~。銅メダルおめでとう!!!

1日中テレビ見てました。
ドキドキしながら、まず小塚君。
アナウンサーの「まだ4回転成功したことないんですよね」といったその直後綺麗に4回転着氷しました。
思わず「やった~!!」と私自身うれし涙がでました。アクセルの失敗がなければなんて思ってしまいますが、本人は満足そうでしたね。

そして織田君。
あのアメリカの選手の後では滑りにくいだろうなぁ~と思って見ていましたが、やはり足がすくんでしまっていたんですね。そしてあのトラブル…。見ていてかわいそうで…会見では悔し涙でした。

最後、メダルのかかった高橋君。感動の涙。
4回転で転んだ時は思わず顔をそむけてしまって見れませんでしたが、顔をあげるとすぐにいつもの滑りに戻っていました。メダルが取れたこと本当に喜んでいましたが、時間がたつにつれて「悔しさ」が大きくなってきたと言っていました。そうだよね~目指していたのは金メダルだもん。
周りで4回転を飛ぶべきとか飛ばないべきとか騒いでいましたが、本人は4回転を入れなかったら最高の演技ではないし、それで金メダルをとっても悔いが残ると言っていました。
失敗を恐れず挑戦する。守りに入らず攻めで挑んだ演技だったのは先日の国母選手も同じでした。

金メダルが決まった時のライサチェク選手の様子を見て4年前の荒川静香選手を思い出しました。本当に嬉しそうで国は違うけど私自身も嬉しくなりました。王者を倒せて良かったですね~。僅差でドラマチックでした。

高橋君はTVのインタビューで日本に帰ったら家にひきこもりたいって(笑)
きっとメディアに引っ張りだこでしょうが、マスコミの皆さんそっとしておいてあげてくださいね~。

| 未分類 | 12:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT