PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夏のなごり

今日はつきに1度のお楽しみ。素敵にテーブルセッティングされた異空間に現実逃避できる紅茶教室でした。時間がゆっくり流れ、美味しいお菓子と紅茶をいただきそれは幸せのひと時。でも、ちゃんとお勉強もしっかりします。
c0087175_17574130.jpg

今回は「夏のなごり」と題してアイスティーの入れ方を勉強し、セパレートティーも教えていただきました。
アイスティーは時々入れます。昔、自分で入れ方を調べて今までその手順を守って入れていました。でも、いつも同じ味にならないんです。氷をグラスから飛び出るほど入れてクリームダウンしないよう一気にいれ、きれいな色はちゃんと出るのにちょうどいい味の時もあればちょっと濃かったり、渋みがでていたり・・・・・。今回その原因が分りました。それは茶葉の量。メジャースプーンで計っても茶葉の大きさで微妙にスプーンいっぱいの重さが違うんです。蒸らし時間も変わってきます。いつも適当に入れていた茶葉。もっと気を遣わないといけないんですね。

さっそくうちに帰って今飲んでいる茶葉の3グラムはどのくらいか計ってみました。
ちょっとでも多いと4グラムになってしまうし、2グラムにもなってしまいます。
そして、ちょうどのグラムで入れてみたら、やっぱり~ちゃんと渋みがなく美味しく入れることができました。

c0087175_17562943.jpg


先生お手製のマロンケーキ レシピもいただきましたが、同じ味ができるでしょうか。美味しくて「幸せ~♪」の連発です。(本当は焼き菓子が基本でドレスを汚さないように生クリーム系のケーキはタブーなんだそうです。でもクッキーだけじゃおなか空いちゃうし、美味しいからいいのよ~と先生。さすがB型。同じにおいがします。)

c0087175_17554648.jpg


セパレートティーは生のグレープフルーツを絞ったジュースを使いました。紅茶を甘くすることで紅茶の比重が重くなり一緒に入れてもきれいに分かれてくれます。(ほ~理科の実験みたいだ~と感心)

一般的に喫茶店などで出されるセパレートティーはなぜ紅茶のほうが上に来ているのでしょう・・・・フレッシュのジュースではなくて甘みが入ったただのジュースを使っているからなんだそうです。(ほ~とここでも感心する私たちでした)

ハエ退治には赤ワインと黒酢がいいって知ってます?
こ~んな紅茶からかけ離れたお話もしてくれる楽しい先生。大好きです~♪



| 紅茶教室 | 21:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT