PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

星が見えないね



そこにあるのにみえない今日の満月のように
ローズはみえないけどそこにいます
 
9月15日 中秋の名月


ずっと曇りや雨で太陽もお月様もお星様も綺麗に見えませんね。
心がなかなか晴れないのはそのせいもあるかも。
太陽の力ってすごいなって思います。



今週は本当にあっという間に過ぎて行きました。

病院では今目の前で起こっている出来事にこの場を写真に撮ってもいいのだろうか思いながらぼーっと見ていたり。
全く取り乱すことなく涙が出なく淡々と先生の話を聞いて受け入れている自分もいて。
涙が出ない自分に私って悪魔?って思ったり。
でも少しドキドキしながら貧血も起こして耳鳴りがして「せんせー私倒れそうなんですけど」って椅子を出してもらって壁に寄りかかり一部始終を見守っていたり。
全てが終わったら喉が乾ききってお水をもらったり。
夢の中にいるような時間でした。

もし家で倒れていたらきっと病院にも連れて行かず「最後の時が来たんだ」って思って腕の中でお別れをしたと思うのですが病院の診察台の上だったのが少し心残りというか処置をしてくれていたので少し期待をしている自分もいて…まさか死んでしまうとは。
頭と体がうまく反応せず呆然としていたのでもうダメだとわかった時に「ローズ〜ベルさんのところに行っちゃうの?』って言いながら顔を少し撫でてあげていたくらいだったのでもっともっと近くに寄っとしっかりと手を握ってあげればよかったと思ってしまいました。

家で一人倒れて死んでしまっていたら出かけなければよかったって自分を責めていたと思うのでどういう形であれ残されたものの後悔は必ずあるってことですよね



忘れてしまうのでその後の記録…。(備忘録なので適当にスルーしてください)

12日 
12時35分 病院にて息をひきとる

夜わざわざお花を持って近所のお友達が泣きながら来てくれました。
会うたびに「ローズはどお?元気?」っていつも気にしてくれていてベルさんの時も一番に駆けつけてくれた大切なお友達。息子同士同級生で幼稚園の時からのおつきあいです。次男くんはローズのこと大好きでいてくれました。ずっと会っていないけどいつもブログを見てくれていたのであわせてあげたかったな。


13日 午前中土砂降り 午後から小雨

朝、FBとブログを更新。直接連絡ができる方に連絡。
ゴミ出しに行ったらすぐ下に住む方に久しぶりに会ってローズのことを報告したらその方の愛犬も先週の金曜日に亡くなっていたことを知って絶句。二人で号泣。メイちゃんしつこいローズがちょっと苦手でした(笑)

昨晩遅くまで号泣していた息子は目も腫れ上がり大学を休んで1日お別れをすることに。
ローズを撫で手を撫でこの感覚を忘れないように何度も何ども撫でては涙。死後硬直も終わりまた柔らかくなった。
アイスノンで冷やしていたし病院で喉とお尻に詰め物をしてくれていたけど暑さで少し出てきて少し臭いも。明日の午後までもつかなと悩む。
翌日火葬の予約を入れたけど息子もいるならみんなでお別れしたいと思ってこの日の夕方最後に変更してもらいました。
寒い時期だったらよかったのに…。お別れの時間が短くなってしまったことはとても悲しい。

毛を残しておくといいよと教えてもらって家族分4束分長めに刈りました。いつも触っていた耳の部分も。

そして午後3時火葬。
最後重い金属の扉がガチャンと大きな音でしまった時はベルの時より辛かったな。
ベルとローズの写真集を持って行ったので手続きの間スタッフの方々とこれで笑顔で思い出話。

1日泣き通して酷い顔になっている。太陽出てないのにサングラスかけないと外に出られない感じ。



14日 曇り時々雨

もうお骨になったら泣かないと思っていたけどやっぱり朝からまた涙。
そしてとどめはパパからの電話で号泣。
パパは「やっぱりそうだよな」と私の状態をわかっていたようです。

この涙で心が癒されたのか夕方から気持ちが楽になりました。


病院の院長先生にお礼のメールをし夕方駅まで買い物へ。
頭は目の前の写真展のことに切り替わり。


あ!大丈夫になったかも。
きっと看取ることができてお別れもちゃんとできてよかったと思えたんですね。


息子はまだダメで夜私の書いたブログを読みながら泣いていました。

帰宅した時も「あーただいま〜っていう相手がいないじゃないかー」なんていうので「ここにいるじゃないかーーー」と言ってやりましたよ(笑)


15日

前から予約を入れていた美容院へ。
やっとご飯を作る元気が出てきた。ご飯もちゃんと食べられるようになった。
時々思い出して涙が出るかもしれないけど泣き崩れることはもうないかな。


IMG_1825.jpg

心配してくださった皆様本当にありがとうございました。
またローズとベルには会えると信じているのでもう大丈夫です。


DSC_1128a.jpg

今度は思い出話を時々綴りますのでお付き合いくださいね。
ありがとうございました。

| 未分類 | 07:41 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

後悔は必ずある・・・そんな事言わないでください
nossamamaさんはできる限りの事をしてきました。
ローズ君も思い残すことはなかったと思いますよ。
最後の写真のように今はベルママとくっついているんだな~
とジッと見つめてしまいました。
ローズ君の視線の先にはnossamamaさんのご家族へ向けられているんだ、
ベルママの表情は「まかせて!」って思いが伝わってきます。

写真展に向けて忙しいのですね。
おうちで待っているローズ君を心配する事もないので思い切り頑張ってください。
ローズ君はいつも一緒ですよ(^^)
思い出話、お付き合いしますv(´∀`*v)ピース
楽しみにしていますね(´∀`*)

| ポチャコ | 2016/09/16 10:22 | URL | ≫ EDIT

ポチャコさん

あ、変なこと書いちゃったかな…。
実は7年前に義父が亡くなった時、自宅で夕方倒れて病院に搬送されそのままだったのですが義母が「お昼に食べたミートソースがね、ちょっと傷みかけていたのよお〜。もっとちゃんとしたものを食べさせておけばよかったー」って病院から帰るタクシーの中で泣きながら言ったんですよ。
そこ??なんか私には衝撃的で残されたものはどんな些細なことでも後悔になっちゃうんだなーって思ったんですよね。

心残りはほんの少しだけ。
ローズはちゃんと看取ってあげられたんだからよかったと心の底から思っています。

あまり近づいて感情的になって泣き崩れるのを先生たちに見られたくなかったのかもしれませんね。気丈にしていたけど最後は顔色が悪いけど大丈夫ですか?って先生に言われました。
お家でいっぱい泣いたから大丈夫です。

そう、写真展、あと一つ準備が残っているのでそっちに向けてラストスパートです。
来週はお天気が心配ですけどローズの心配が無くなったので思い切り集中できそうです。

ベルとローズの写真をカバンに忍ばせて頑張ってきますね(^^)

| nossamama | 2016/09/16 10:55 | URL | ≫ EDIT

nossamamaさん
ローズ君、びっくりしてしまいました。
痩せてしまっていたようですが
眠るローズ君、全くそんな風には見えず
本当にお昼寝みたい。
童顔のお顔、可愛いまま。
アポロもかなり痩せてしまいましたが
毛のおかげ、少し救われていました。
耳の中も毛も、こんなきれいな身体を奪うんだ、と
病気を憎みましたが、
ローズ君を見てもやっぱりそんな感情が。

私はジワジワと虚無感に襲われ中。
カメラから覗く世界も魅力なくて。
カメラがただの黒い重いものに、、苦笑。

ローズ君はちゃんと前を行くnossamamaさんに
ありがとうと安心しているかも知れませんね。
私もアポロに届けないといけませんね。

アポロとローズ君が会えていたらいいな。

| nob | 2016/09/16 12:55 | URL | ≫ EDIT

nobさん

アポロちゃんはローズよりも先輩でnobさんとの強い絆に素敵だなと思って見ていました。
愛情がたっぷりでとても静かな二人の時間を素敵な写真で伝えてくれましたね。

大切なものを失ってしまった虚無感は辛いですね。
きっと時間がゆっくり修復してくれるかなと思います。
かかる時間は人それぞれですからゆっくりゆっくりでいいんですよ。
笑って思い出話ができる日が必ず来ますから。
そしたらアポロちゃんも安心しますね。

昨日より今日、今日より明日、少しつづでいいから前進できていると思ったら自分を褒めてあげると少しづつ元気になってきますよ。
アポロちゃんに笑顔見せてあげてくださいね。

| nossamama | 2016/09/16 16:50 | URL | ≫ EDIT

こんばんは。
錦織君の準決勝進出が決まり「あ~やっぱりnossamamaさん喜んでる~^^」と思ったのが数日前のことでした。
実はその後ふと思ったのです「ローズ君がベルちゃんの所に逝ったらnossamamaさんどんな風になるんだろう?どんな風にブログに綴るのだろう?」と。虫の知らせだったのでしょうか..。
ごめんなさいね。
興味本位とかでは決してなくてnossamamaさんは私のマイルストーンだから。上手く言えませんが..。
私もその日が来たら狼狽えたり、気丈にしたり、泣いたり、感謝したり色々するのでしょうね。

ベルさんもローズ君もnossamamaさんも、ご家族も凄く幸せな時間でしたね^^

| トコ | 2016/09/16 23:05 | URL | ≫ EDIT

トコさん

そうだったんですね。
きっと何か知らせだったのかもしれませんね。

その時の感情や考えていたことやどういう状態だったのか綴っておかないと忘れてしまうのでわりと細かく記事にしました。
どうでしたか?想像した通りだったかしら。

私は自分では想像範囲でした。
取り乱すことなく淡々と受入れている自分。
ローズがもっと若くて元気だったら違ったとは思いますけど。

いつもいつもベルさんが来てもいいようにローズを抱きしめて温もりを記憶に刷り込んでいましたよ。

そういえば大きな虹が見えた時「ベルさん遊びに来ないかなー」なんて思っちゃったから本当に来てしまったのかな。

生まれた瞬間から最後までずっと一緒に入られてとても幸せでした(^^)

| nossamama | 2016/09/16 23:51 | URL | ≫ EDIT

ローズ君の事。
やっぱり今でもしんじられなくて。
でもnossamamaさんはしっかり受け止めてらっしゃる。

ベルママとローズ君が並んでいるお写真。
とても惹きつけられます。
親子って素敵ですね。
ボニータにも子供を産んでもらえばよかったかも⁉️

あのお写真のようにベルママとローズ君はnossamamaさんとご家族のことをずっと見守っているんですね。

| ボニータママ | 2016/09/17 07:53 | URL | ≫ EDIT

ポニータママさん

リカバリー早って感じですよねー。
もちろんもっともっと一緒にいたかったし、もっともっと抱きしめたかったし、おしゃべりしたかったし、舐めてほしかったし、寂しくて悲しんでたくさんたくさん泣きました。
でも少し元気になれたのは我慢しているわけでも頑張っているわけではなく看取ってあげられてみんなでお別れできて辛い病気から解放させてあげられて、頑張ったね。もう自由だよ。って思えたからかな。

今はローズを失った悲しみよりもみなさんの優しさに触れて涙が出ます(^^)

実はベルが死んでしまった時一番悲しんだのはローズだったのできっと再会を喜んでいますよ。(このままローズも死んでしまうかと思ったくらい落ち込んでました)
この写真のようにずっとこっちを見て見守ってくれていますね。きっと。

| nossamama | 2016/09/17 09:24 | URL | ≫ EDIT

ローズ君…どうぞどうぞ安らかに。
心よりお祈りします。

ご家族様ご自愛なさって下さいね。

| グリュメルロコママ | 2016/10/24 07:14 | URL | ≫ EDIT

グリュメルロコママさん

お久しぶりです。
コメントありがとうございました。

早いものであと一週間で四十九日を迎えます。
自由にお空を飛び回っていることでしょうね。
今朝はローズ達の温もりが欲しい寒さです。

| nossamama | 2016/10/24 09:01 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT