PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ROLLEICORD

写真 (18)


二眼カメラ ローライコード

フィルムは35ミリよりも大きい中判と言われるサイズ。


WSの実習で先生からお借りして使ってみました。
持っているだけで可愛くってワクワクしてしまいます。

でも、使うのは初めてでちょっと大変で悪戦苦闘。こういうカメラを無料で使うことができるなんてチャンスだと思いません?
難しいけど積極的に使わせてもらいました。前回はハッセルブラッド。


実習はポートレート。撮る時の光に対するモデルの位置や方向、シャッタースピードに絞りなど色々と勉強しました。

モデルは参加者がお互いを撮ったり撮られたり。


実は私が撮る写真って人がほとんど写っていないんですよ。なのでポートレートは苦手意識が。
人にカメラを向けるのが気恥ずかしいんです。だから撮られるのもちょっと苦手。
他の方が撮っているのを割り込みで横からちょっと撮らせてもらったり。


そんな私が撮った一枚。あることに気がつかされたというか…そんな話をします。


次の週はそのフィルムからプリントをします。

これがまたまた大変。手順が慣れてしまえばどってことないんでしょうが…。
その手順は面倒なので飛ばします。


そしてその私が撮った一枚の写真をみた先生は「ん〜〜〜っ残念!ピントは合って欲しいんだよな〜」って。


あ”〜〜⤵️老眼が…笑。よくよく見ると確かに合っていなくて輪郭がふわ〜としています。
ポージングはいいので勿体ないですが。


そうですよね〜構図が良くてもポートレートでピントが合っていないのはあり得ないですよねって思いました。
だって先生が言うんだから。
絶対ピントは命ですよね。


ところがこの写真に写っている方がもう絶賛しているんです。(お見せ出来ないのが残念)



なんて素敵なの〜!

柔らかくてすべてを隠してくれている〜!

見れば見るほど嬉しい!

一生大切にします。と。




へ〜そうなんだ〜!自分ではダメだと思ったのに本人がそれをとても気に入っているのだからそれはそれでいいんだ!ありえないじゃなくてありなんだ!



このカメラがきっと魅力を引き出してくれたんでしょう。
残るは自分ではダメだと思ったのに評価されたもやもや感(笑)


狙って撮ったわけじゃないのでここを自由に撮られる側の要求とか思いとか内面を上手く自然に読み取れて写せるようになったらいいんでしょうね〜。簡単ではないですけどね。


なんか一つ常識を破ったような感覚で新たな発見でした。

外見が可愛いローライ。置いておくだけでインテリアになるのでいつか欲しいな〜。

| 写真 | 22:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。