PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

とりあえずやってみる



次の扉を叩きました。
渡部さとる先生のワークショップ。『2B』
江古田まで通うのは遠くてどうしようか迷っていたワークショップ。
本当は横浜に通いたいのにどんどん遠くなっている気がする。
でも一緒に行くママ友がいたのでなんとか頑張れそうですが一人だったら挫折してたかも…。

先週は小雨の中江古田の街で実習でした。
カメラは持参でもよし、借りることもできます。私は中判カメラに挑戦してみました。
中判カメラを使うチャンスなんてなかなか無いかなと思って。

でもでも傘をさしながらカメラはしっかりと構えられないし、ファインダーを覗くと写るのが逆になるので頭の中は混乱するばかり…。絞りやシャッタースピードを変える余裕がなかった…。
このフィルムを今週末暗室体験するのですがどんなことになっているやら…。恐ろしいやら恥ずかしいやら。
まあでもこれも経験。失敗しながら成長するんだよね。

おうちに帰ってデジカメで復習。その場ですぐに確認出来るのはやっぱり便利。
先生はその場所場所で絞りとシャッタースピードの値をすぐに感知出来る。それはもう職業病というか絶対音感みたいな絶対光感だと思う。体に染み付いているんだよね。
絶対音感は大人になってからでは身に付かないけど絶対光感は身に付くのかな〜。なんて思ったりする。

昔はフィルムが当たり前でデジカメは新しく今では当たり前。
私たちの世代はフィルムは古いもののイメージだけど今の若い人たちには新鮮だったりするのかもしれない。
フィルムをモノクロを強くやりたいわけではないのですが、新しい発見があるかもしれないのでとりあえずやってみることが大事なのかなと。


とりあえずやってみる



これは今まで私にはなかなかできなかったこと。
自信が無くて怖くて前にいつも進めないから。
でもやってみないことには先に進めないんだって気づいた。いまさらながら。

去年参加した小原孝博先生のワークショップに参加してこのワークショップのことを知った。扉の先にはまた新しい扉が色々と待っていた。そして選んだこの扉。そして新しい仲間との出会いもワクワクする。

今のところローズがお腹をすかせて待っているので夕方ワークショップ後のお茶会に参加出来ず帰らなくてはならないのが残念ですが、チャンスを見つけて参加できたらいいな。

y150903d.jpg


y150903a.jpg

| 写真 | 01:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT