PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カノッサの屈辱といえば

先日娘が「あのさ〜カノッサの屈辱知ってる?」と聞いて来たので「うん!知ってるよ。」と答えるとびっくりした顔して「え〜!知ってるんだ。」と驚かれました。私こそ娘から「カノッサの屈辱」という言葉が出てくるなんてと思ったのですが。

だってあれって昔の深夜番組でしょ?




私「小山薫堂さんが作ったんだよね」(へ〜あの番組知ってるんだ〜)

娘「???」(薫堂さん生きてないよね。その時代…)



娘は世界史を選択しているので世界史の話だったのです。




カノッサの屈辱と聞いて思い浮かべるのはどっちですか?


私は完全にテレビ番組のことだと思ってしまい爆笑。(世界史のことも聞いたことはありましたけどね)

同じ質問をパパにもしてみると〜




「あ〜知ってるよ。薫堂さんが作った番組でしょ?」





あはは〜。同じレベルでした〜(^^)






「カノッサの屈辱」という昔の深夜番組。
現代日本の消費文化史を歴史上の出来事に(しばしばやや強引に)なぞらえて解釈し、あたかも教育番組の様な体裁を取って紹介(講義)する。番組内で取り上げられるものは歴史上の著名な人物や出来事にちなんだ名称で登場し、解説の際に使用される図版なども歴史資料風にアレンジされたものである。構成の小山薫堂によると、『未来への遺産』(NHK総合テレビジョン)の構成をパロディ化したものであるという。(ウィキペディアより抜粋)


歴史の教育番組風にしてまじめっぽく車の歴史だとかトレンディードラマの歴史などを語っていて思わず「くくくっ」て笑ってしまう番組なのです。
youtubeにもいくつか動画がアップされているのでおすすめですよ。

| 未分類 | 16:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT