PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

フルート独奏

日曜にあった一大イベントとは…。

娘のピアノの発表会でした。今回は「トリ」という大役でショパンの「華麗なる大円舞曲」を演奏。小さい子が聴いて憧れるような演奏をしなくてはいけないんですよ。そんな大役があるのに、今回は出演者が少ないのでおまけでフルートを吹いてくれないかしら〜と8月に先生から提案が…。でも私は大賛成。

だって、フルート吹いてあげないと可哀想だから…。



娘もまんざらでもなく、一緒に楽譜を買いにいきました。
こういう時、自分の事じゃないのにワクワクうきうきしてしまうんですよね〜。


選んだのはホルストの組曲「惑星」より ジュピター にしました。この曲大好きなんです私。原曲ももちろん大好きですけど平原綾香のCDも持ってるわ。
これなら伴奏こっそり練習して娘の練習につき合えるかしら〜なんて軽い気持ちで練習しようかと思っていたら「それならお母様も一緒に出ませんか?」と先生に勧められしまいました。

発表会だなんて幼少の頃以来だわ…。それもエレクトーンだったし…。一応譜面は読めますがピアノ習ったことないし。母にも「大丈夫?」と言われてしまいました。


初めは「え〜」と思ったけどちょっと楽しそう。こんな機会無いし私1人で出る訳じゃないし…。あきらめるのは嫌なのでやれる所までやってどうしてもダメだったら先生にお願いしようと思って出ることにしました。


たった2分半の伴奏ですが、自分のペースではなく止まらずに間違えてもごまかしながら弾くってものすごく大変。
止まってしまうと娘に睨まれ、プレッシャーが…。
娘の練習につき合うどころか、完全に私の練習に娘がつき合ってくれている感じ。
フルートも何度もは息が続かないので、娘と合わせるのは1日2、3回まで。日中の練習は自分でメロディーを歌いながら弾く。あわせられるようになったらそれを録音してイヤホンで聴きながら弾くの繰り返しでした。
そんなことで2ヶ月ほど時々娘のピアノに一緒に通っていたんです。




本番2週間前の練習の時にipod touch のボイスメモで録ったものです。
まだまだ間違えてるし、音が大きすぎて優しく弾けてないし、最後はゆっくりにならず終わって完璧ではないですが、親子共演の記念に横浜山手で行われたので山手の洋館やみなとみらいで撮った写真に載せて動画を作ってみました。

出だしでちょっとガチャガチャ音がしますが、遠くで息子がルービックキューブをまわしながら口笛を吹いているのが入ってしまって…。意外と感度がいいのでびっくりです。


本番は緊張〜。でもその緊張感も心地よく楽しませていただきました。
とてもいい思い出になりました。ありがとうございました。


音楽ってやっぱり楽しい!

| 未分類 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT