| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小笠原クルーズ最終日

今日は最終日。
目を覚ますと悪天候。千葉房総半島の先端の灯台の明かりが見えます。

雷もすごくもうすぐ東京湾です。
晴れていたら富士山も綺麗に見えたかな〜。

明るくなり三浦半島上空には真っ黒な雨雲。そして反対側千葉にも同じく真っ黒な雨雲。

そして飛鳥が通るところだけ雲が薄く時々青空がちらほら見えています。
なんだか不思議な光景。

浦賀水道に入って行きます。




そしてベイブリッジも見え横浜はすぐそこっというところでアンカー。
昨日のチリ沖地震の影響で津波注意報が発令され横浜港はクローズされていました。
ガントリークレーンもすべてストップし荷役も中断。

沖にアンカーしてひたすら解除されるのを待つのみ。
いつ解除されるのか分からない状況になりました。

飛鳥の前方にはパシフィックビーナスが走っていたので解除されても順番に入って行くだろうし時間がかかりそうだぞ。


お昼とかどうするんだろう…。軽食とか用意するのかな…。


船内スタッフクルー達は大慌てです。

ピンポンピンポーーーーーン!!!


「イベントのご案内を申し上げます。じゃんけん大会、紙飛行機飛ばし大会……を行いますので奮ってご参加ください」


と。
うわ〜紙飛行機飛ばしちゃうのか…


お昼はカフェをそのまま営業し軽食も食べられるよう用意しています。



「もう一泊か〜?」そしたらディナーどうするのかな〜。
荷物を送る人はもうとっくにパッキングして預けてしまっているし…。

お昼の軽食を済ませまた部屋に戻ってTV。もう携帯も繋がるしテレビでニュースも見れます。あちこちで携帯でご家族となのか連絡を取り合っている人も。「えさを多めに…」なんて聞こえたからペットを預けているのでしょう。
下船してくれないと部屋の掃除ができないのも大変です。飛鳥Ⅱはその日のうちにまた次のクルーズに出発するのです。
部屋に戻ると少しずつ綺麗になってる。ベッドメイキングも終わってる…。でも寝ちゃうよね〜とパパ。

すると…


ピンポンピンポーーーーーン


「追加のイベントのご案内です。ビンゴゲーム、なんとかゲーム、なんとかゲームを行います。景品はクルーズチケットをご用意しておりますので奮ってご参加ください。」と。


うわ〜大変。なんとか皆を部屋から出してお掃除したいのよねきっと。
クルーズチケットが当たるなら参加しようかと行ってみました。


3ゲームやって2ゲーム目。最短でビンゴになりもらったのは飛鳥バスタオル!
クルーズチケットは第3ゲーム目の最後でした〜。



午後のティータイム。もうそろそろ解除になるかね〜。とラウンジでコーヒーを飲んでいると…。


ピンポンピンポーーーーーン


「追加イベントのご案内です…」その場にいた皆さん大笑い。「ネタ切れです〜」って言うかと思ったわ。



スタッフクルーの方々、お客様を飽きさせないよう奮闘してくださって本当にお疲れさまでした。
本当だったら休憩時間だったのにね〜。フルートとギターの演奏やラウンジでピアノも演奏してました。
私たちはむしろ降りたくないので10時間も余計に快適な船内を満喫出来て嬉しかったですよ。


そして午後4時過ぎ津波注意報解除され5時半横浜港入港許可がおりました。


y150918b.jpg


y150918c.jpg



入港した時にはもう真っ暗で綺麗な横浜港の夜景も見えるという嬉しいおまけ付き。


大桟橋にはその日の17時出港予定のクルーズに乗る方々が待ちくたびれていました。
着岸19時。その後順番に下船したところ次のクルーズに乗る予定で来ていた会社の方に会いました。

これからお客の総入れ替えをし21時半に出港だそうで、乗船したらすぐにショーとディナーに直行。室内清掃が終わってないので客室に入れるのは23時以降とのこと。
なんとか今日中に着けてよかった。これでもう一泊になったら降りれない方からは追加料金とれないし待たされているお客様の方も何かしらしなくてはならないから大赤字だったよなんて言ってました。そうですよね〜。ヒヤヒヤしてことでしょう。
お待たせしたお詫びのワインでも各部屋に差し入れしたのかしら〜。会社のせいじゃないけどね。


帰りはタクシーでと思ったら大桟橋からは車が詰まって動かない。ここから乗ったら大変なことになるとバスで桜木町までいきそこからタクシーで帰りました。荷物送らずだったので。


長旅は終わりましたがパパは明日から江の島三昧のSWです。休みはまだまだ続きます。

| 旅行 | 13:08 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

小笠原クルーズ⑤




さて小笠原を満喫し台風から逃げるように横浜に向け北上。今日は終日航海です。
昨晩は足が痛くて移動が大変でしたが少し良くなって来たかも。


y150914x.jpg

でも廊下が長いの…。エレベーターまで遠い…。


天気予報は曇り時々雨。


しかし晴てるよ〜〜!!!


y150917c.jpg

このデッキを朝5時過ぎから皆さんウォーキング。シニアは朝が早い。


y150917d.jpg

帰りはバルコニーから朝日が見えました。



y150917e.jpg


パパのウォーキングが終わったら毎朝ここビスタラウンジでモーニングコーヒーを頂きました。
タバコが吸える場所が限られているので。


y150917h.jpg



そしていつからついて来ていたのか飛鳥の周りを一羽のカツオドリがずっと旋回しています。
バルコニーで見ていると手が届きそうなくらい近くを飛んでくれました。
パパの説明によると船が通ってトビウオが飛ぶんです。それを狙って海鳥が近づいてくるとか。
でも糞をするとペンキみたいで落ちないんだって。


y150917i.jpg

飛鳥マークが飛んでる〜(笑)




1日航海なので船内ではビンゴ大会、ブリザーブドフラワー教室、マジック教室、ダーツ大会、社交ダンス教室、スカットボール大会、ホースレースゲーム, 外のデッキではラダーゲッターゲーム大会、イカ飛ばし大会、ディスコン大会などなどイベント目白押し。


そんな中私たちはなーんにもしない贅沢を満喫。プールサイドでお昼寝〜。


ダーツ大会には参加してみようかと思っていたけど寝過ごしちゃった〜。


y150917j.jpg


なのでランチ。


y150917k.jpg

スイーツはしっかり別腹




小笠原までの定期船だと東京から25時間で着きます。そこを飛鳥Ⅱでは40時間かけて行きます。
洋上での船旅を楽しむのが目的ですから。
行きは鳥島、須美寿島などの近くを通りました。
帰りは青ヶ島の近くを通ります。この島の側をいい時間に通るために合わせて速度を調節している感じ。

そうそうパパはプールサイドにいるか部屋にいるときはGPSを使って位置確認ばかりしています。
色々な振動にも反応して「あ、◯◯してる」とか「速度落としたな」とかやっぱり気になるんですね〜。
職業病でしょうか(笑)
貨物船の場合お客様のお相手はないので出港してしまえば次の港まで暇なんですって。なのでこういうのは慣れている。
たくさん本を持って行ったり撮り溜めたビデオをを持って行ったり…。あ〜そういえば昔料理の鉄人も毎週とって船に送ってあげていたっけ。
最近ではポットキャストを山のようにipodに入れて毎朝の本船デッキのウォーキングに使っていました。
タンカーに乗れば飛鳥の倍以上の大きさです。

と話がそれてしまいました。

お昼を食べてまた暇なので私はライブラリーに行ってみました。すると席が満席!
皆さん暇なのね〜。

仕方が無いのでホースレースゲームをしている会場へ。


DSC_0588-001.jpg



お!結構楽しそう。
サイコロで出た数だけ進んで見ているお客さんが競馬のように1着2着を当てるゲーム。
当たった人には景品が〜!3ゲームありましたが当てられず…残念。

司会の進行も上手でした。

y150917p.jpg



そしてディナーは2部制になっていて私たちは後半で遅いので毎日3時にプールサイドで飛鳥バーガーを食べるのが日課でした。これはとても美味しいと評判のバーガーでとてもお勧めです。
中のパテは原価200円ですって。


y150917m.jpg

波の音を聞きながら読書。正しい船旅の仕方かも



y150917q.jpg


y150917r.jpg



そして青ヶ島が見えてきました。
東京都青ヶ島村無番地だそうで人口は160人ほど。
八丈島からヘリで20分。船だと2時間半。着岸出来る確率50から60%。

選ばれし者だけが上陸可能な島と世界中から注目されている秘境だそうです。


二重カルデラになっていて上空からの写真をネットで見つけてびっくり!

まるで児童書「エルマーとりゅう」の世界です。娘は小さい頃この本が大好きでいつも持ち歩いていました。
その写真はこちら

どうしてこんなところに人が住んでいるんだろうと言う感じです。


ここを通過して本船の速度はゆっくりになりました。
ずっといい天気でなんてついているんでしょう。
最後の夜はマリーンのコンサートと坂井シェフのフレンチフルコース。
ドレスコードはインフォーマル。みなさん華やか。気合いはいってます(笑)

昨日の午後あたりから坂井さん見かけなくなりましたのでお仕事モードに入っていたのでしょう。
とても美味しく満足〜。


DSC_0781-001.jpg



最後は飛鳥のシェフと坂井シェフと写真撮ってもらいました。
毎日プールサイドでお会いしていた坂井シェフ。パパは「黒いですね〜」と言われながら握手してました(笑)お互い思っていたんでしょうね〜黒いって。


最後の夜ぐらいバーに行くかとマリナーズクラブへ。ここでの飲み物お酒は有料です。
そこで出会ったご夫婦と最後の夜の楽しい時間を過ごしました。


そして外は雷雨〜。雷が凄い綺麗〜。
もう明日の朝には横浜ですぐに下船だからって思ったらとんでもなかった。
それは明日また書きます。

| 旅行 | 07:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

小笠原クルーズ④



今日も朝からいい天気!


昨日1日自転車に乗ってクタクタだったので今日は止めようかと思ったけどこんなに晴れていたら動きたくなるというパパに頑張ってついて行きます…。


y150916b.jpg


皆さん同じくお疲れのようでボートも空いています。今日の上陸は待つこと無くできました。


最初にまた自転車を借りて向かったのは宮之浜。快適にぐんぐん登って行きます。アシスト自転車慣れて来たぞ〜。


y150916d.jpg


あっという間につきました。台風が近づいているので波がありました。でも綺麗です。


ひとり地元のおじいさんがたたずんでいて「綺麗ですね〜」なんていったら「濁ってるよ」って。
網にかかった大きなカメを助けた話などしてくれました。
それにしても人がいないです。どこに行ってもプライベートビーチみたい。

y150916e.jpg


その後向かったのが釣浜。
駐輪場に自転車を置いてそこからビーチまでジャングルのような道を降りて行きます。
結構ワクワクして楽しいかも。

浜は石がごろごろしていて今まで見た所とは違う荒々しい感じ。
ここは向こうに見えるのは兄島ですぐそこが外洋なので目の前の岩の先は流れが早く1人では危険と書いてありました。
でも流されたら最後1人じゃなくても絶対に助けられない。
あっという間に流されちゃうよとパパ。
そこに1人若い女の子がシュノーケルをつけて泳ぎ始め危なっかしくて見てられませんでした。
その後立派なダイビングセットを持ったベテランそうな人が来たのでその場を立ち去りましたが大丈夫だったかな…。

そしてここからまだまだ時間もあったので昨日通り過ぎた境浦のビーチに降りてみようとまた向かいました。
昨日通った道なので楽勝楽勝。どんどん快適に走って行きます。

着いた〜。自転車から降りて道路を渡った所で風が吹いたんです。

ふわっと帽子が飛ばされてあっと追いかけようと足を踏み出したとたん。


ばきーーーんっ…



うわ〜右ふくらはぎがぱきんって言った…。これは肉離れ???
でも肉離れだったら笑っていられないはず。
でも力を入れると激痛が…。自転車こげないよ。


どうしよう。


日陰にしゃがみ込みパパは自分の自転車を返却に行きました。
そしてレンタル自転車のお兄さんがパパを乗せて車で迎えに来てくれました。
そしてパパはまた私の自転車に乗って自転車屋さんへ向かいました。

その後飛鳥に戻りなんとかお部屋へ。
医務室は朝と夕方の1時間ずつしか空いていないのです。
レセプションに聞いてみるとナースに連絡をしてくれてとりあえず暖めてお水をたくさん飲んでくださいとのこと。
しょうがないのでバスタブにお湯をはって暖めました。
そして動けないので昼寝(笑)パパはプールサイドへ。

夕方になったので医務室に行ってみました。
小さなエコーの機械で診てくれて骨には異常なく筋肉は小さな損傷があるけど重傷ではないから下船する頃には良くなるよと。シップをだしてくれました。

y150916f.jpg



客室がとにかく一番前なので移動が大変。
でもケーキは食べる笑


いや〜張り切りすぎてしまいました。
足は疲労で悲鳴を上げていたんですね…。
きっと肉離れ一歩手前の筋膜炎かな。

y150916g.jpg


そろそろ出港準備。午後5時に横浜へ向けて出港です。
このタグボートなんと横浜から飛鳥Ⅱのためだけに外洋を航海してきたんだそうですよ。
パパ曰くこの小さなタグボートでここまで来るのは相当大変だよと。お金かかってます。


y150916h.jpg


今朝父島の南に台風20号が発生しました。本当にギリギリセーフ。出港が明日だったらもっと台風の影響が出ていたでしょう。

出港のときは地元の漁船やボートが湾の入り口までお見送り。
演歌を流しながら…。この光景寂しい感じがする。ちょっとウルッとしてしまう。

またいつか来れたらいいな。
短い時間だったけどありがとう〜♡

夜は足を引きずりびっこを引きながらショー&ディナーを楽しみました(笑)
明日は鉄人坂井シェフのディナーでドレスコードはインフォーマル。
ヒール履けるだろうか…。

| 旅行 | 21:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

小笠原クルーズ③

y150915aa.jpg

今日も早起き。朝焼けで虹発見。


y150915cc.jpg

父島はもう目の前。

y150915dd.jpg

午前7時父島二見港入港。






その後朝ご飯を外のデッキで食べているとお天気雨が。
これは虹がでるかもと思っていると飛鳥のすぐ脇の海面上に綺麗にあらわれました。
カメラを持って行かなかったので焦る焦る。
慌ててカメラを取ってきましたが虹も先程に比べたら薄くなっていました。
左に虹が写っているの分かりますか?
まるで飛鳥Ⅱの入港を歓迎しているかのようなタイミングで多いに盛り上がりました。

さて今日は父島に上陸です。
オプショナルツアーは高くてあまり魅力を感じなかったので申し込まず自転車かバイクを借りて島を周遊してみようかと。
バイクは免許はあるけど乗ったこと無いのでちょっと怖い。なので電動機付きアシスト自転車を。

上陸は飛鳥Ⅱからのテンダーボートと地元の漁船数隻。
何度も往復してくれました。
上陸した岸壁で海の色に感動。

y150915b.jpg

まるでプールみたいだ〜!!!


その岸壁で釣りおじさんに会いました。
おじさん「飛鳥Ⅱで来たんですか?ボクも乗りましたよ〜女房と世界一周したんですけどね。奥さん飽きちゃって…。二度と乗らないって笑」

おじさんは父島のコンドミニアムを借りて長期滞在しているそうで今晩のおかずのお魚釣ってるんですって。

奥さんの気持ち分かる気がする。
あんなの毎日3ヶ月もやっていたら飽きるよ…。


観光案内で自転車を予約してくれて無事アシスト付き自転車を借りることができました。
3時間で1600円、6時間で1900円。あまり変わらないので6時間借りました。
パパは自転車慣れてるけど私なんて何年ぶり?何十年ぶりだったりするかも。

そうそうここで大事なこと。
港周辺にしか自動販売機がないので水を必ず多めに持つこと。
夏場は最低2リットルと書いてあります。


さあ〜境浦目指してGO〜!
でもアップダウンが多く慣れていない私には結構大変でした…。
全身汗だくになりながらパパを追いかける。

y150915c.jpg

ひや〜綺麗〜感動〜!

y150915d.jpg

途中高台から見える景色にいちいち感動しては写真。
飛鳥Ⅱの白い色が映えますね〜。
パパと撮る時はセルカ棒が大活躍(笑)



y150915e.jpg


境浦を通り過ぎ扇浦海岸で休憩。私は汗だく…。ぜ〜ぜ〜ぜ〜…。
ここでは小さな子ども達がたくさんいました。海が透明で綺麗です。

少し休憩をして次は小港海岸を目指します。
途中上り坂がきつくてきつくて…。
アシスト自転車なのに結構大変でした。(事前に情報は得ていたのでわかっていたのですが)

もう疲れちゃっていちいちカメラを撮る元気もなくなってしまい見応えのある所も写真ありません…。


y150915f.jpg

そして小港海岸!!! 綺麗だ〜〜〜!!!誰もいない〜〜〜!!!素晴らしい〜〜〜!!!
この感動を写真で伝えられないのが歯がゆい感じ〜。


y150915g.jpg

石がなく真っ白な砂浜に海の色のグラデーションが素敵すぎる〜〜!!!
これはお天気が良くないと絶対に見えない色ですね。


ここで二見港に戻ることに。
途中カフェを発見。
おいしいケーキセットで充電。カフェの奥様がとても親切に島の魅力を語ってくれました。
小笠原に魅了されて移住された方かな〜と言う感じでした。
ハイビスカスティーとアイスクリーム美味しかった〜(^^)

そして山を登るのはキツいということだったので来た道を戻ります。


y150915h.jpg

途中見過ごしてしまった咸臨丸の墓地があるというので寄ってみました。
咸臨丸とは縁があるので感慨深いものがあります。
お花も綺麗にお供えされていました。

そしてまだ時間があるのでウエザーステーションまでGO〜!
またまた結構な上り坂。途中で止まるともっとキツくなるから一気に登る。

外洋が見える綺麗な展望台だけどちょっと飽きて来た。
どこ見ても同じように綺麗。とにかく疲れたよ…。

y150915i.jpg

y150915j.jpg

最後は上陸した場所のすぐ隣のビーチ。
十分綺麗です(^^)

そしてこの日の午後は外国人クルーたちも目の前のビーチへ上陸。
ここは外国かと思うほどの金髪のお姉さんやお兄さんたちであふれていました〜。

夜は和食。もう洋食フルコースも飽きる頃だよね。
小笠原の島寿司などもでて美味しゅうございました。


y150915l.jpg



y150915k.jpg

あ〜アクティブな1日でした。

| 旅行 | 19:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

小笠原クルーズ②



日の出〜!


朝目が覚めると5時15分。うわっ寝坊した! 日の出が5時22分。慌てて着替えてデッキに出てみたら人が結構出ていた。シニアばっかり乗ってるからみんな早いのよね。
デッキは一周出来るようにできているので朝日と潮風を浴びながら歩いたり走ったりしています。
私は写真だけ。デッキを一周するとどのくらいあるのかな。飛鳥の全長は241メートル。


y150914f.jpg

y150914g.jpg

y150914m.jpg


昨晩は風が強くて揺れていたけどタンカーやコンテナ船に比べたら比べものにならないほど静かで揺れない。
ショーを観ているときなど全く揺れを感じなかったです。

天気予報では雨マークついているのに快晴でいい天気。
朝は和食洋食のバイキングを選べて好きな所で食べられます。外のデッキが気持ちがいいのでリドカフェの後方のデッキで頂きました。
すると一緒に乗っている鉄人坂井シェフもいらっしゃいました。

そして別の場所にちょっと強面の男性が。
やっぱりこういう柄の悪いお客もくるのか〜と思ったらゲストで乗っている歌手のマリーンさんと一緒。
あ〜ガードマンなのねきっととパパは思いました。

y150914y.jpg

朝食後パパはプールサイドへ。
私はカメラを持ってあちこちうろうろ。

船内でのイベントは前日の夜配られる「ASUKA DAILY」という新聞に書かれています。


午前中は乗船証を入れるパスケースの講習があったので参加してきました。
あちこちで色々なイベントをやっていて忙しい。


途中いくつかの島の側を通り船内放送で船長が説明をしてくれました。

須美寿島、鳥島、孀婦岩が見えました。

y150914u.jpg


y150914v.jpg


y150914z.jpg


そして夜のディナーの前のショーはマリーンのコンサート。


始まったとたんパパが  あ”!!! と小さな声をあげて肩で笑ってる。

パパ「ガードマンじゃなかった…ギタリストだった」

そう、カフェで見かけた強面のちょっと怖いおじさんかと思った人は怖いおじさんでもガードマンでもないプロのギタリストだったのです(笑)


そしてディナーは洋食のフルコース。
2人で顔を合わせて毎晩フルコースはけっこう疲れるな…。
そしたら私たちの少し離れたところのご夫婦も奥さんずっと不機嫌そうな顔してニコリともしないわ(笑)

給仕する人たちはフィリピン人クルー。
日本語も上手で皆さん笑顔でとても感じがいいです。

そしてギターとフルートの演奏者がお誕生日を迎えられた方やリクエストにこたえて演奏してまわります。
すぐ後ろに座ったかなり高齢の方がリクエストしました。
「昔の古い歌」と。

演奏者3人は日本人ではなくフィリピン人。

すると…全然聞いたこともない古ーい歌を演奏し始めました。
リクエストした方は上機嫌で歌い始めました。きっと戦前の曲なのではという感じ。
日本人でもなかなかこたえられないようなリクエストにこたえてしまうなんて凄い!感心してしまいました。


お料理はとても美味しいです。
とても手が込んでいてホテルで食べているみたい。
船の上じゃ〜こんなもんかな〜なんて料理だろうと思っていたらとんでもありませんでした。
一つ一つ手が込んでいて見た目もとても美しいです。
写真は撮らなかったのでありません。

そして今夜は楽しみだった一つ満天の星空見えるかな。
星空って少しでも明かりがあると見えないんです。
星空散歩という講座があったのでディナーの後に参加するためにスカイデッキに向かいました。
そのときはまだ船の明かりがついていたのであまり見えず。
その後講座の為に明かりを消すと…だんだんと目が慣れて満天の星空が見えてきました。
すご〜〜い!
夕方曇っていっていたので諦めていましたが見えて良かった。


最後はクローズアップマジックショーを観て就寝。
船内移動だけで意外と歩いてる。万歩計は一万歩でした。

明日はいよいよ小笠原。

| 旅行 | 22:59 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT