| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

紅茶教室 レモンティー

DSC_1202.jpg

今日の紅茶教室は「やさしいレモンティー」でした。
よ~く洗った国産のレモンの皮を薄く切り、カップにこすり付けておいて、紅茶を注ぐんです。こんなやり方はじめてでしたが、ほんわかとレモンの香りがする美味しいニルギリをいただきました。
暖かい日だったので、目の前のチューリップが少しずつ、少しずつ開いていました。

今回の話題は薬物。
薬物なんて繁華街でこわ~いおじさんたちが売買する別世界だと思っていましたが、いまは中高生など巻き込まれる事件も多発し、繁華街でなく住宅街で売買されているとのこと。
小学校でも先生から注意があったと聞いてちょっとびっくり。
私達の子供のときと違う。小学校でそんな話は聞かなかったし、そういったことを教える授業もなかったはず。本当にこわいです。

息子は大丈夫と思っていても、友達同士で集団になったり、誘われたりしたら断れなかったりと巻き込まれることもありえるので、わかってはいるけどもう一度、はっきりと何があっても手を出さないようにと念を押しておきました。これだけはしつこいと言われても言い続けなくてはいけません。

DSC_1203.jpg

で、紅茶と話がそれましたが、これはフランスのお土産の砂時計だそうです。
とってもおしゃれ~。

| 紅茶教室 | 14:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

環境や育て方で

今日は紅茶教室の日。
あまりいい写真が撮れなかったので、写真なしです。

銘柄と産地のお勉強。インドのダージリン。

同じダージリンなのに収穫できる時期によって銘柄が違います。
ダージリン ファーストフラッシュ・・・3月から4月に収穫された最高級のダージリン。(緑茶のような香りで美味しかった~)
ダージリン セカンドフラッシュ・・・5月から6月に収穫された2番茶。

そして、同じ木から8月の雨季に収穫されたものはrainy teaといってまずいお茶だそうです。
パパが、インド人が路上で鼻をすすりながら飲んでいると言っていたのはこれかも。
そして秋に収穫されるのが3番茶でオータムナルというそうです。

スリランカ
 
同じスリランカの標高が高いところから高級茶が収穫でき、同じ木なのに同じ標高なのに東側と西側でウバ、ヌワラエリヤとなり銘柄が違います。もちろん香りも水色も・・・
何で~??それは風の当たり方なんだそうです。不思議ですね~。
同じ人間でも育つ環境と育て方でいろいろな性格になっていく子育てと似ているなぁ~と思いました。

ほかにもたくさんの茶葉の香りを楽しみました。(たくさんありすぎてすでに抜けてしまっているかも)その中で印象的だったのは正露丸に似た香りのラプサンスーチョン。実はこれ、個人輸入にはまっていた頃、イギリスから購入したことがあってそのときはその香りから「正露丸ティー」なんて呼んでいましたが、とても高貴な東洋の香りとして西洋人から好まれているそうです。すぐに体がポカポカになる冷え性にはお勧めの紅茶です。

| 紅茶教室 | 13:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夏のなごり

今日はつきに1度のお楽しみ。素敵にテーブルセッティングされた異空間に現実逃避できる紅茶教室でした。時間がゆっくり流れ、美味しいお菓子と紅茶をいただきそれは幸せのひと時。でも、ちゃんとお勉強もしっかりします。
c0087175_17574130.jpg

今回は「夏のなごり」と題してアイスティーの入れ方を勉強し、セパレートティーも教えていただきました。
アイスティーは時々入れます。昔、自分で入れ方を調べて今までその手順を守って入れていました。でも、いつも同じ味にならないんです。氷をグラスから飛び出るほど入れてクリームダウンしないよう一気にいれ、きれいな色はちゃんと出るのにちょうどいい味の時もあればちょっと濃かったり、渋みがでていたり・・・・・。今回その原因が分りました。それは茶葉の量。メジャースプーンで計っても茶葉の大きさで微妙にスプーンいっぱいの重さが違うんです。蒸らし時間も変わってきます。いつも適当に入れていた茶葉。もっと気を遣わないといけないんですね。

さっそくうちに帰って今飲んでいる茶葉の3グラムはどのくらいか計ってみました。
ちょっとでも多いと4グラムになってしまうし、2グラムにもなってしまいます。
そして、ちょうどのグラムで入れてみたら、やっぱり~ちゃんと渋みがなく美味しく入れることができました。

c0087175_17562943.jpg


先生お手製のマロンケーキ レシピもいただきましたが、同じ味ができるでしょうか。美味しくて「幸せ~♪」の連発です。(本当は焼き菓子が基本でドレスを汚さないように生クリーム系のケーキはタブーなんだそうです。でもクッキーだけじゃおなか空いちゃうし、美味しいからいいのよ~と先生。さすがB型。同じにおいがします。)

c0087175_17554648.jpg


セパレートティーは生のグレープフルーツを絞ったジュースを使いました。紅茶を甘くすることで紅茶の比重が重くなり一緒に入れてもきれいに分かれてくれます。(ほ~理科の実験みたいだ~と感心)

一般的に喫茶店などで出されるセパレートティーはなぜ紅茶のほうが上に来ているのでしょう・・・・フレッシュのジュースではなくて甘みが入ったただのジュースを使っているからなんだそうです。(ほ~とここでも感心する私たちでした)

ハエ退治には赤ワインと黒酢がいいって知ってます?
こ~んな紅茶からかけ離れたお話もしてくれる楽しい先生。大好きです~♪



| 紅茶教室 | 21:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マンゴーアイスティー

c0087175_1175182[1]

私はどちらかというとコーヒー派です。(↑ぼけてる写真ですみません)
でもパパは朝は紅茶派で日中はコーヒー、夜はお酒派です。そして子供たちも紅茶が好き「紅茶入れてー」としょっちゅう入れさせられます。なので、家族のためにも紅茶を美味しく入れることができたらいいなぁ~と頭の片隅で何年も思っていました。すると、ご縁があってとても素敵な先生を紹介していただいて紅茶教室に通うことになりました。

c0087175_119675[1]


これは初回ということで先生が入れてくださったウェルカムティー・マンゴーアイスティー。シロップ漬けされたマンゴーが一番したにあり、その上からマンゴーティーを注ぎます。
とてもとても美味しくて素敵なテーブルセッティングとお菓子と先生にとてもとても癒されました。

先生が「紅茶は女性的で、コーヒーは男性的な飲み物です」とおっしゃってやっぱり・・・だから私はコーヒー派なんだわ~と妙に納得してしまいました。
こんな私でも美味しい紅茶入れられるようになったらプチマダムにでもなれるかしら・・・。

| 紅茶教室 | 16:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |